トップページ > スペシャル・コンテンツ > 【特集】今月やるべき受験対策

超難関中学合格実績多数の大手進学塾室長akiraの今月のチェックポイント!

-11月にやるべき受験対策-

akira更新日 : 2017/11/01

akira
1972年、東京都生まれ。学生時代から塾講師として中学受験指導に携わり、大学卒業後は、塾業界に就職。2008年、関東圏の拠点校舎である現在の教室へ室長として就任。保護者や生徒に対するきめ細かいコミュニケーションを重視した教室運営を行っている。代表的な著作に「中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方7つのルール」(ダイヤモンド社)。


 

 中学受験塾の教室長をしています。akiraと申します。毎月、皆様の中学受験ライフを応援すべく、中学受験生にとってのお得なネタを提供していきます。

「テスト直し」のコツ(算数) その2

 親御さんがお手伝いできて、成績が上げられる効率のよい方法のひとつが「テスト直し」です。今回は「テスト直し」のコツ(算数)2回目です。テスト直し用のノートを「リベンジノート」と呼んでいる生徒がいました。リベンジと聞くと私の好きな海外ドラマの1つ「リベンジ」を思い出してしまいます。リベンジとはもともと「復讐」「報復」「仕返し」という意味ですから、自分の感覚だとずいぶんぶっそうな名前だなあと思ってしまいます。
※お子さまの入試が終わったら、ぜひお母さま方、一気見をおすすめします。huluで全シーズン配信されています。

 

 しかし、実際には日本語では格闘技をはじめとしてスポーツで「雪辱する」「借りを返す」という意味で使われることが多いですから、「リベンジノート」というネーミングは受験という一種の格闘技ではぴったりなのかもしれません。4年生から5年生の前期くらいまでは、「テスト直しノート」に直しをする程度でいいでしょう。しかし、2学期からは「比」「相似」「速さ」と重たい単元が目白押しです。もう一段階レベルアップした「リベンジノート」の作成方法を書き留めておきます。

 

 ノートでもルーズリーフでも構いません。管理しやすい方でOKです。中には少し大きめのA4サイズのノートを利用している人もいました。図1のように、テストで間違えた問題を貼るのです。裏側に解答・解説を貼っておくとあとで探さなくていいので楽ですね。テストの種類、日付、問題番号以外に正答率などもメモしておくといいでしょう。それとは別に通し番号を問題に振っておくと、どれくらいテスト直しのストックがあるのかがわかります。あまり番号が大きくなると使い勝手が悪くなるので学期ごとにリセットしてもよいでしょう。

 

<図1>

 直接ノートの下の余白に問題を解いてもいいのですが、それだと1回しかできません。使い倒すためにも、直接書き込まずコピーしたものにやってみるとよいでしょう。そのためにもご家庭の複合プリンタ(インクジェットで構いません)を導入しておくとよいでしょう。スキャンして印刷すれば簡易コピー機です。

 

 このリベンジノートの作成のすすめを保護者会でお話すると、保護者の方からいろいろな声を聴きます。ポジティブな意見とネガティブな意見です。灘と開成にお子さんが合格されたお父様と話したときにこのリベンジノートの話題が出ました。このお父様のご家庭では、間違えた問題をすべてノートにしていました。もちろんこのレベルの子ですからもともと間違えは少ないのですが、誤答全問ノートを作るのは大変でしょうと伺うと「いえ、帰宅後にビール片手にできますから」とのお答えでした。「か、かっこいい」と思ってしまいました。

 

 一方、ネガティブな意見をもらうこともあります。「うちは共働きなのでそこまで協力できません」という類の意見です。もちろん作成はご家庭の任意です。そしてノートの作成は目的ではなく手段です。完成したノートがずっと飾ってあったら意味がありません。子ども個人個人の状況で作成をおすすめしています。

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。