トップページ > 学校一覧 > 東邦大学付属東邦中学校

学校紹介

東邦大学付属東邦中学校

共学校

更新日 : 2020.05.28

「ブラック・ジャックセミナー」ではシミュレーターで手術体験ができる

思い切り背伸びをした学習体験が 宇宙や医学など様々な進路を切り拓く

[ この記事のポイント ]

付属校ならではの中高大連携教育で最先端の学問を体験。
生徒の「意思」や「志」を大切に「自分探し」を促すリベラルアーツ型教育。
約半数の生徒が推薦枠で入学可能な充実した進学ルート。

好奇心・知識欲を刺激する
「学問体験講座」

同校は東邦大学の付属校という恵まれた環境を生かし中高大連携教育に定評がある。「学問体験講座」は、大学でどのような学問を究めていくのかを知る好機となる。講座は「自然科学講座」「生命科学講座」「人間科学講座」など、東邦大学や他大学との連携のもとに実施されている。年3回、全学年の生徒を対象としており、希望者は興味関心のある講座を自由に選択可能だ。特に医学・医療系学部を中心とした自然・生命科学の総合大学の付属校である強味を活かした最先端の学問を体験できるのは魅力的。中でも特筆すべきは外科実習体験「ブラック・ジャックセミナー」だ。同校では半数近くの生徒が医学部進学をめざすが、医師という職業への理解を深めるため、東邦大学医療センター佐倉病院に赴き、実際の医療現場で手術や医療を体験する。内視鏡手術シミュレーターを用いた手術体験や、電気メスで模擬皮膚を切開・縫合したりと、その内容は実に本格的だ。
そのほか、薬学部5・6年次の学生が取り組むレベルの実験である「フェナセチン(鎮痛薬)の合成」、ロボット製作やプログラミングを体験できる理学部情報科学科の「ロボットを作ってみよう」など、多様な講座を開講。生徒は各々が興味のあるものを選択し知的好奇心を満たしている。上野唯一・広報部長は「思い切り背伸びをした経験は、生徒の好奇心をかき立て、可能性を飛躍的に広げる」と語る。昨年12月の講座「レーザーで光をみる」には中1、2年生が参加したが、授業ではまだ習っていない内容にもかかわらず、受講生は皆、説明に聞き入り実験にも積極的に取り組んでいた。伸び伸びと興味の赴くままに様々なことを経験してもらいたいとその思いを語る上野教諭。その成果は医学部を始めとした難関国公私立大学の理系学部への進学実績だけでなく、全米ロボットコンテストでの入賞チーム結成や宇宙飛行士の金井宣茂氏など国際的に活躍している人の誕生にも表れている。

東邦大学付属東邦中学校

郵便番号 〒275-8511
所在地 千葉県習志野市泉町2-1-37
TEL 047-472-8191
URL
http://www.tohojh.toho-u.ac.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1952年(高校) 1961年(中学)
併設校 東邦大学付属東邦高等学校、駒場東邦中学校・高等学校、東邦大学
生徒数 (1年)343名 (2年)321名 (3年)304名
クラス編成 37~41名
男女比 男58% 女42%
授業時間 8:40~15:10 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試 中学・高校共有
最寄駅名 津田沼 京成大久保
交通情報 津田沼駅(JR総武線)よりバス15分、
京成大久保駅(京成本線)徒歩10分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、東京工業、一橋、北海道、東北、名古屋、
大阪、九州、東京医科歯科、東京外国語、筑波、千葉、
早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、国際基督教、
東邦、自治医科、東京慈恵会医科、日本医科、北里、
順天堂(医)、星薬科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。