トップページ > 学校一覧 > 青稜中学校

学校紹介

青稜中学校

共学校

更新日 : 2020.05.28

修学旅行の訪問先も、生徒の意欲を前提とした「希望制」

自主性を重んじ確かな意思力を育む教育は 新校長のもと、さらなる深化へと向かう

[ この記事のポイント ]

今年度から新たな教育プログラム導入と制服刷新。
多彩な希望制研修・行事が育む自主性や社会性。
〝狭さ〟が優位となる信頼関係とおおらかな学習環境。

生徒一人ひとりに寄り添う
おおらかな校風が挙げてきた成果

青稜中学校の校舎内を歩くと、その伸び伸びとしたおおらかな校風が伝わってくる。生徒たちは礼儀を心得ながらとても明るい。先生たちもまた破顔でそれに応える。
「狭い校舎ですから」と笑う伊東充教諭。「おかげで教職員との信頼関係を築きやすいし、中1から高3まで生徒間の一体感もあります」
〝社会に貢献できる人材〟を育成するため1938年に女学校として創学し、95年の共学化後はさまざまな学校改革を進めてきた青稜。近年では国公立大や難関私大への合格実績も伸び、在校生の学力や目標意識も着実に上がっている。中3頃から急に伸びていく生徒も多いそうだ。
「個々の基礎力を伸ばしていくため、一人ひとりに伴走していくのが我々の役割です。進んでいく時も悩む時も常にサポートし、共に走ります。また、もうひとつの役割は社会の理不尽さを知ってもらうこと。何もかもパッケージして提供するのではなく、自分で考え、つらい山も自ら越えていく意思力をつけていけるよう多くの選択肢を用意しています」
もちろんオンライン学習やネイティブ教員による英語授業、課外講習、中3での卒業論文なども行っている。しかし本校の強みはそこではなく、自分で選ぶ希望制のプログラムが数多くあり、かつ参加へのハードルが低いことだと伊東教諭は言う。

青稜中学校

郵便番号 〒142-8550
所在地 東京都品川区二葉1-6-6
TEL 03-3782-1502
URL
http://www.seiryo-js.ed.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1938年
併設校 青稜高等学校
生徒数 (1年)142名
クラス編成 36名
男女比 男70% 女30%
授業時間 8:40〜15:10 (土)〜12:30
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 下神明 大井町 西大井
交通情報 下神明駅(東急大井町線)徒歩1分、
大井町駅(JR京浜東北線、りんかい線)徒歩7分、
西大井駅(JR横須賀線)徒歩10分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、一橋、東京工業、北海道、東北、九州、神戸、
千葉、筑波、東京医科歯科、電気通信、東京外国語、
東京学芸、東京海洋、東京農工、横浜国立、
東京都立、横浜市立、神奈川県立保健福祉、
早稲田、慶應義塾、上智、国際基督教、東京理科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。