トップページ > 学校一覧 > 桜丘中学校

学校紹介

桜丘中学校

共学校

更新日 : 2020.05.28

さまざまな授業でiPadを活用している

地球規模の課題の解決にも役立つ
世界共通言語としての数学が育む思考力

[ この記事のポイント ]

1.入試段階から中学数学への興味や関心を引き出す。
2.中学で数学の素養を身につけ、高校での学びにつなげる。
3.中1から演習型授業を実施し、能動的な学習スタイルが定着。

入試で得た自信や手ごたえで学ぶ意欲がわき上がる

例年、桜丘中学校の入試の算数では、基礎・基本となる力を見る計算問題、問題文を読み解いて問われている内容を理解し、的確に答えを導くことができるかを見る文章問題の二つに大別されている。難易度は決して高過ぎず、オーソドックスな問題構成だが、これには同校のある思いが込められている。「『入試で算数がよくできたから、桜丘でもっと頑張っていきたい!』と、自信を持って中学での学習をスタートさせてあげたい。入試で〝成功体験〟を積むことで、入学後の数学に前向きに取り組めるようになる」と数学科の安部早苗教諭は語る。
中学数学を徹底的にマスターするために、先取り学習はせず、中学3年間で技能と知識をじっくりと定着させる。昨年度より、中学段階から習熟度別に演習の時間を確保し、週5コマある授業のうち、講義に3コマ、演習に2コマを充てている(中1は講義3コマ、演習1コマ)。「演習を設けてから、自発的に考えようとする姿勢が生徒たちに見られるようになりました」と安部教諭。
同校では、生徒全員にタブレットを配布しているが、これを活用することで授業は活発化。考えの筋道を整理し易いため、問題を解く時はノートに手書きだが、タブレットでそれを撮影してもらい、他者の解答をリアルタイムで共有する際に使うこともある。安部教諭は「例えば、中3の証明問題。その時点で習っている単元の知識を活用して解く生徒がいれば、中1・2での知識を総動員して解く生徒もいる。いろいろな解き方を見ることで、難問にも取り組める単元横断の思考力が身につきます」と語る。
日々育んだ数学への向学心を更に引き上げるために、全校的に行われる夏期講習や冬期講習で数学の講座も開講。基礎固めをめざす計算問題を中心とした講座、高度な文章問題に取り組める講座など、個々の生徒のレベルに応じて受講できる。

桜丘中学校

郵便番号 〒114-8554
所在地 東京都北区滝野川1-51-12
TEL 03-3910-6161
URL
https://sakuragaoka.ac.jp ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1924年
併設校 桜丘高等学校
生徒数 (1年)87名、(2年)71名、(3年)52名
クラス編成 26~28名
男女比 男50% 女50%
授業時間 8:50~15:15 (土)~12:40
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 王子 西巣鴨 滝野川1丁目
交通情報 王子駅(JR京浜東北線・東京メトロ南北線)徒歩7分、西巣鴨駅(都営地下鉄三田線)徒歩8分、都バス「池袋」より10分「滝野川2丁目」下車徒歩3分、滝野川1丁目駅(都電荒川線)徒歩1分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、一橋、大阪、東北、北海道、東京医科歯科、東京学芸、東京海洋、東京農工、電気通信、お茶の水女子、筑波、横浜国立、千葉、茨城、埼玉、広島、東京都立、横浜市立、埼玉県立、早稲田、慶應義塾、上智、国際基督教、東京理科、明治、青山学院、立教、中央、法政、学習院など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。