トップページ > 学校一覧 > 学習院中等科

学校紹介

学習院中等科

男子校

更新日 : 2019.09.05

ニュージーランドの生徒たちと交流

問題解決力と論理的説明力を育む数学は
国際コミュニケーション力をも伸ばす

[ この記事のポイント ]

1.中2の春休みに10日間の「ニュージーランド短期研修」を実施。
2.高等科の「海外留学(1年間)」では、留学期間を高等科の修業年限と認定。
3.独自の「数学教育」で、問題解決力やコミュニケーション力を磨く。

帰国後の〝やる気〟に火をつけるニュージーランド短期研修

伝統的に帰国生の受け入れに力を入れ、近年は海外研修や留学などの「国際理解教育」に注力する学習院中等科。なかでも2010年から継続しているニュージーランド短期研修は、毎年20名ほどの希望者が参加。中2の春休みを利用した9泊10日の異国体験は、英語学習のモチベーションアップにつながるだけでなく、今後の人生に役立つ貴重な体験になっているようだ。
彼らが学ぶのは、140年の歴史を持つキングスカレッジや、ウエストレイクなどの現地校。握手をしながら互いの鼻を合わせるマオリの挨拶や、マオリに伝わる伝統の踊り「ハカ」などで歓迎を受ける。学校ではバディと呼ばれる現地校の生徒に同行し、授業に参加する。また現地の家庭にホームステイし、生活も体験する。引率で訪れた玉水洋匡教諭は「最初は英語が通じるかどうか緊張していた生徒も、同年代のバディとはすぐに馴染み、積極的に交流しています。週末にはホストファミリーと外食をしたり、観光に出かけたりして、帰国するころにはすっかり打ち解けてしまいます。双方が別れを惜しむ姿は、毎年恒例の光景です」と語る。参加した生徒からは「授業での英語は速くて理解できなかった。もっと英語を勉強したい」「今回の研修で雰囲気がわかった。海外留学の自信がついた」など、英語や長期留学に前向きな意欲を持つ、よいきっかけになっているようだ。
そして彼らの半数以上が次のステップアップとして希望するのが、高等科で実施している、米国・セントポール校への「協定留学」と「公認留学」の1年間留学である。留学先は、米国、ロシア、ハンガリー、ドイツなど多様。「留学をした生徒の中には、米国の大学へ進学後、現地で就職するなど、学びを職につなげるケースも出ています。今や本校では、海外の大学も、進学先の一つの選択肢として認知されつつあります」(玉水教諭)。

学習院中等科

郵便番号 〒171-0031
所在地 東京都豊島区目白1-5-1
TEL 03-5992-1032
URL
https://www.gakushuin.ac.jp/bjh/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 男子校
創立 1877年
併設校 学習院幼稚園、学習院初等科、学習院高等科、学習院大学
生徒数 (1年)200名
クラス編成 40名
授業時間 8:30〜15:00 (土)〜12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 目白 雑司が谷 学習院下
交通情報 目白駅(JR)徒歩5分、雑司が谷駅(東京メトロ)徒歩5分、学習院下駅(東京さくらトラム)徒歩7分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、一橋、東京工業、京都、北海道、東北、大阪、東京外国語、筑波、横浜国立、早稲田、慶應義塾、東京理科、明治、上智、立教、中央、北里、杏林、聖マリアンナ医科、日本医科、カリフォルニア(バークレー)など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。