トップページ > 学校一覧 > 学習院女子中等科

学校紹介

学習院女子中等科

女子校

更新日 : 2019.06.05

中・高6学年のHRがある本館

「異なる社会の理解」と「豊かな表現」
日本文化を継承する精神に見える国際性

[ この記事のポイント ]

1.すべての学びにおいて「自分の考えを表現する力」を重視。
2.国語科「表現」の授業で、表現の重要ポイントを徹底指導。
3.日本文化の素養を身につけ、世界でも活躍できる女性を育成する。

豊かな表現力は相互理解の精神にむすびつく

国語の入試問題を見れば学習院女子の特色は一目瞭然。その内容は漢字の読み・書きを除いたすべての問題が長文読解による記述式。言葉を尽くし一問一問解くことで課題文を理解できる構成になっている。
「自分の考えを言葉で表現する力」を重視する同校の教育。表現とは、学びを主体化する作業にほかならない。例えば中3「現代国語」のある授業では、芥川龍之介の『少年—海』を題材にグループワークに取り組む。作品を熟読し、互いに疑問を出し合い、それをレジュメにまとめて発表する。これで1時間が終了だ。「入学後の定期試験でも単なる暗記的な知識では対応できません。いかに自分の頭で考えたか、それが問われます」と国語科の山下扶己教諭。
そして、自分の考えを〝どう表現するか〟も重要だ。正しく豊かな表現力を身につけるため、同校の国語科では中1より「表現」という授業を設定。週1時間、少人数の分割授業で手厚い指導を展開する。中1「表現」の最終目標は3分間スピーチだ。自ら選んだ新聞記事について考察をまとめ、原稿を見ることなく堂々と発表できるレベルにまで持っていく。その取り組みの中で、説得力をもって自分の意見を伝えるためには具体的な根拠が必要なこと、異なるいくつかの立場があることなど、表現における重要なポイントも体得する。「正しい表現方法を身につけることは、他者を正しく理解する力にもつながります。相互理解を促すコミュニケーションの礎ともなるのです」と山下教諭は話す。

学習院女子中等科

郵便番号 〒162-8656
所在地 東京都新宿区戸山3-20-1
TEL 03-3203-1901
URL
http://www.gakushuin.ac.jp/girl/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1885年
併設校 学習院女子高等科、学習院大学、学習院女子大学
生徒数 (1年)207名
クラス編成 42名
授業時間 8:25~15:00 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 西早稲田 早稲田 高田馬場
交通情報 西早稲田駅(東京メトロ)徒歩3分、早稲田駅(東京メトロ)徒歩10分、高田馬場駅(JR、西武線)徒歩20分、池袋駅・高田馬場駅よりバス「学習院女子大前」下車、渋谷駅・新宿駅よりバス「早大理工前」下車
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、一橋、東京工業、北海道、九州、神戸、東京学芸、東京藝術、お茶の水女子、東京外国語、筑波、千葉(医)、信州(医)、浜松医科、横浜市立、国際教養、学習院、慶應義塾(薬ほか)、早稲田、上智、国際基督教、東京理科、東京慈恵会医科、日本医科、東京医科、東邦(医)、順天堂(医)、北里(医)、昭和(医)、東京女子医科、杏林(医)、日本(医)、埼玉医科、岩手医科、聖マリアンナ医科、国際医療福祉(医)、トロント、デポー、北京語言など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。