トップページ > 学校一覧 > 立正大学付属立正中学校

学校紹介

立正大学付属立正中学校

共学校

更新日 : 2018.09.03

コラムリーディングで飛躍する実践英語教育
それは大学時代に始まった

[ この記事のポイント ]

立正大学付属立正中学校 校長・大場 一人
1957年、東京都生まれ。立正中学校・立正高等学校・桜美林大学出身。大学卒業後、1979年4月に英語教員として立正に入職。2015年4月より学校長に就任。趣味は旅行と水泳。生徒とともに学び、一緒に成長し続けることが目標。好きな言葉は「努力」。

大学時代のアルバイトに学んだ英語教員としての原点

 私は高校時代から英語が大好きでした。とにかく〝話す〟ことを重視し、色々な場所へ出かけましたね。大学は英文科へ進み、アメリカやイギリスへ3ヶ月ずつ遊学したり、米国関連施設でアルバイトをしたりしました。それらの体験から学んだのは、外国人とのコミュニケーションで大切なのはまず、自分の意見をはっきり伝え、イエス・ノーを明確にすること。そして表情や声のトーンなど、言葉以外の伝達手段も駆使することです。
 長い間、日本の〝受験英語〟教育による問題が指摘されていますが、38年前、英語教員として本校に着任した時から、どうしたら生徒たちに実用英語を教えられるかと模索しました。そこで当時の校長のリーダーシップのもと導入されたのが、「ネイティブ教員による英会話授業」と「ホームステイ」です。その頃はまだネイティブ教員を採用するのはまれな時代でしたが、私はホームステイ先を視察するなど、先進的な英語教育を推し進めました。
 現在の立正の英語教育はこうした長年の経験の積み重ねに基づいています。中学では週8時間、高校では8〜12時間(最大選択時)と十分な授業数を確保し、それぞれのステージに合わせた授業を展開しています。中学は主に発話を楽しむプログラム。ネイティブ教員による英会話の授業はクラスを3分割し、より密度の高い〝生のコミュニケーション体験〟にこだわっています。大きな目標の一つが、各学期に行われる英語の3分間スピーチです。将来の夢や学校生活についてなど、各学年でテーマを決め、クラスで発表します。一方、高校では「書く力」に重心を移し、週に一度、長文英作に取り組みます。教員が手間をかけ丁寧に添削するので、作文力は確実に向上しますね。今後は一人一台のタブレットを導入し、調べ学習を充実させ、内容面でもレベルアップをめざします。

立正大学付属立正中学校

郵便番号 〒143-8557
所在地 東京都大田区西馬込1-5-1
TEL 03-6303-7683
URL
http://www.rissho-hs.ac.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1904年
併設校 立正大学付属立正高等学校、立正大学
生徒数 (1年)67名
クラス編成 22名
男女比 男75% 女25%
授業時間 8:10〜15:00 (土)〜12:30
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 西馬込
交通情報 西馬込駅(都営浅草線)徒歩5分
大学合格実績
(過去3年間)
東京藝術、電気通信、東京農工、横浜国立、鳥取環境、島根(医)、首都大学東京、横浜市立、慶應義塾、早稲田、上智、東京理科、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政、成蹊、順天堂、聖マリアンナ医科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。