トップページ > 学校一覧 > 和洋九段女子中学校

学校紹介

和洋九段女子中学校

女子校

更新日 : 2018.09.03

グローバルクラスとPBL型授業の導入で
急速に進化する伝統校

[ この記事のポイント ]

和洋九段女子中学校 校長・中込 真
上智大学理工学部卒業後、東京理科大学にて専修免許を取得。平成28年に和洋九段女子中学校高等学校校長に就任。化学の教科書、参考書の執筆のほか、日本化学会の各委員会で委員を務めた。東京都理化教育研究会より協会賞、功労賞、日本化学会より化学教育有功賞を受賞。上智大学理工学部で理科教育法の非常勤講師も兼務。

PBL型授業で身につく自分の意見の醸成と他者尊重の姿勢

 120年の伝統を持つ和洋九段が進めている教育改革、2年目にあたる今年、すでに劇的な変化が表れています。すべての教科でPBL型授業を導入したことは、とりわけ、大きな効果を上げています。PBLでは教員がトリガークエスチョンを投げかけ、生徒はそれについてグループで情報収集を行い、考えをまとめ、個々の意見からグループとしての意見をまとめていきます。他者の意見について批判は禁止。誰かが発表したら、必ず拍手することを徹底させています。また、PBLのグループは固定させないよう、先生方にお願いしています。女子はとかくグループで固まりがちですが、PBLで友達グループ以外の生徒と接し、真剣に意見を交わすことで互いの理解が進み、相手の意見を尊重する意識も生まれるようになりました。結果、意見の発言が格段に増え、クラス全体、さらには学校全体の雰囲気が非常に良くなりました。小学校の頃はおとなしく自信もなさそうだった生徒の保護者が、人前で堂々と発表するわが子を見て、「こんなにやれる子だとは思わなかった」と感嘆されることもよくあります。一方、教員にも、授業はもちろん普段から、生徒の意見を否定せず、まずは聞こうという意識が浸透しています。昨年、これまで教員が仕切っていた体育祭をすべて生徒に任せたところ、例年以上に盛り上がりました。

[ 和洋九段女子中学校の過去の記事 ]
互いの意見を尊重する教育が学校を元気にする  2017/10/04

和洋九段女子中学校

郵便番号 〒102-0073
所在地 東京都千代田区九段北1-12-12
TEL 03-3262-4161
URL
http://www.wayokudan.ed.jp ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1897年
併設校 和洋九段女子高等学校、和洋女子大学
生徒数 (1年)71名
クラス編成 約30名
授業時間 8:50~15:15 (土)~12:40
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 九段下 飯田橋
交通情報 九段下駅(東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線)より徒歩約3分、飯田橋駅(JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線、都営大江戸線)より徒歩約8分
大学合格実績
(過去3年間)
琉球、早稲田、慶應義塾、上智、立教、青山学院、明治、中央、法政、学習院、東京医科、東京慈恵会医科、日本赤十字看護、昭和薬科、津田塾、日本女子、東京女子など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。