トップページ > 学校一覧 > 鷗友学園女子中学校

学校紹介

鷗友学園女子中学校

女子校

更新日 : 2017.05.10

【化学】実験と発表を繰り返し行う

実験主義の理科教育で好奇心を引き出し
「科学的なものの見方」の種を蒔く

[ この記事のポイント ]

理科は4つの実験室をフル稼働、1人1台の機材で実験重視。
中高の理科好きが集まった科学部は校外でも活躍。
生徒をよく見て才能を誉めれば必ず花開く。それが跡見の教育。

理科はすべての分野で実験主義 目と手を使うから印象に残る

 開学以来「本物に触れ、本物がわかる目を育てる」教育を重視している跡見では、理科においても目と手を使った実験を重視している。物理、化学、生物等がそれぞれ実験室を持ち、「4つの実験室がフル稼働となるのも珍しいことではありません」と同校で20年以上にわたり化学を担当する北功亘教諭。化学の場合、最初に教えるのはガスバーナーの扱い方。ガラス管にバーナーをあてて曲げたり伸ばしたりする。まずは教員がやって見せ、扱い方の注意をレクチャーする。「実験器具は一人1台。直接触ると火傷するからやらないように言っても、必ず触ってアチッとなり、ガラス管を落として割る生徒が出てきます。でも、失敗するからこそ実験はおもしろいし、生徒の印象に残ります」と北教諭はいう。少量をゆっくり水に浸けるように指導したナトリウム片を、一気に浸けて大きな火花を出すといった生徒のいたずらは想定の範囲内。安全を確保した上でのハプニングは、生徒の好奇心を引き出し、驚きを与える。その記憶は、大学に入ってから、あるいは社会人になってから「あの実験がおもしろかった」と蘇り、実験で理解したことは決して忘れることはない。だから、同校ではどの学年でも講義ばかりの授業ではなく実験中心の授業を行い、「科学的なものの見方」を深める。さらにレポートを書かせ、人前でプレゼンテーションさせることもある。これにより調査や実験で得た情報を編集・発表する力が育成される。

鷗友学園女子中学校

郵便番号 〒156-8551
所在地 東京都世田谷区宮坂1-5-30
TEL 03-3420-0136
URL
https://www.ohyu.jp ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1935年
併設校 鷗友学園女子高等学校
生徒数 (1年)238名
クラス編成 30~31名
授業時間 8:30~15:20 (土)~12:40 (11~3月)8:30~14:50 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試 ※海外での生活状況に応じて加点あり。少しでも海外生活を経験された人は、帰国子女担当者にご連絡下さい。
最寄駅名 経堂 宮の坂
交通情報 経堂駅(小田急線)徒歩8分、宮の坂駅(東急世田谷線)徒歩4分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、一橋、東京工業、北海道、東北、大阪、神戸、九州、東京藝術、東京外国語、東京学芸、東京海洋、電気通信、東京医科歯科、筑波、横浜国立、お茶の水女子、札幌医科、浜松医科、国際教養、防衛医科、早稲田、慶應義塾、東京理科、上智、国際基督教、順天堂、東京医科、日本医科、東京慈恵会医科、サン・モール・デ・フォッセ地方音楽院など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。