トップページ > 学校一覧 > 文教大学付属中学校

学校紹介

文教大学付属中学校

共学校

更新日 : 2018.06.06

2016年、全教室に電子黒板を完備した新校舎が完成

社会とつながった日々の授業の学びが
日豪台…国境を越えた進学の道を開く

[ この記事のポイント ]

1. 社会への興味を育み、学習意欲を喚起する校長の月曜朝礼。
2. 学校改革により難関大学への進学実績が激増。
3. 多彩な海外プログラムで海外大学への進学もバックアップ。

日々の学習と教養を結びつける 戸田校長の月曜朝礼

 文教大付属は今、「進学力強化」をめざした学校改革のさなかにある。平成28年度より就任した戸田弘美校長は、都立新宿高校校長を努めたほか、数々の教育困難校も立て直してきた手腕の持ち主だ。そんな戸田校長の教育信念は「人間としての成長なくして進学力の向上なし」。人間としての成長とは、一つに教養を磨くことだと言う。「生徒には日々の学習が机上のものではなく、社会と密接に結びついていることを知ってもらいたい。それが学習を動機付ける重要な基盤にもなるのです」。
 そこで毎週月曜の朝礼では、校長自ら生徒の知的好奇心を刺激するショートスピーチを行っている。テーマは「教養・時事問題・文教大付属の教育」の3つ。「教養」の週には、時代小説『天地明察』を引き合いに和算家・関孝和が一瞥即解した幾何の問題を紹介し解答を募ったり、「文教大付属の教育」のテーマではロヒンギャ難民などを取り上げ、校訓の「人間愛」に基づいて世界情勢を考えさせたりしている。
 その他、折に触れて新聞や読書を勧めてきた戸田校長。すると、面白い動きが起き始めた。小論文選択クラスの生徒が毎日、意見感想を添えた新聞の掲示を始めた。図書室では「人間愛に生きた人々」というコーナーが常設され、本を読んだ生徒から感想文が届くようになった。いずれも生徒と教員が一丸となって生まれた取り組みだ。戸田校長がその活動を朝礼で紹介することで、さらに生徒の興味が喚起されるという相乗効果が生まれている。戸田校長は「朝礼が、社会に対する問題意識を育む一つのきっかけになれば」と話す。

文教大学付属中学校

郵便番号 〒142-0064
所在地 東京都品川区旗の台3-2-17
TEL 03-3783-5511
URL
http://www.bunkyo.ac.jp/faculty/ghsn/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1927年
併設校 文教大学付属幼稚園、文教大学付属小学校、文教大学付属高等学校、文教大学
生徒数 (1年)165名
クラス編成 36~39名
男女比 男59% 女41%
授業時間 (火・木・金)8:10~15:55 (月・水)~14:55 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 旗の台 荏原町 中延
交通情報 旗の台駅(東急池上線・大井町線)徒歩3分、荏原町駅(東急大井町線)徒歩3分、中延駅(東急大井町線・都営浅草線)徒歩8分
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
メルボルン、クイーンズランド、韓国外国語、国立中興(台湾)、北海道、東京学芸、電気通信、横浜国立、千葉、北海道教育、福島、秋田、宇都宮、信州、国際教養、首都大学東京、横浜市立、神奈川県立保健福祉、埼玉県立、都留文科、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、明治、中央、立教、法政、青山学院、学習院など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。