トップページ > 学校一覧 > 東邦大学付属東邦中学校

学校紹介

東邦大学付属東邦中学校

共学校

更新日 : 2018.06.06

「ブラック・ジャックセミナー」では外科手術を体験できる

宇宙飛行士も輩出する多彩な生徒が集う
3つの入試から始まるリベラルアーツ型教育

[ この記事のポイント ]

1. 3つの入試スタイルで多彩な生徒を受け入れる。
2. 広範な教養を基盤に「プロセス重視」のカリキュラムを提供。
3. 志を尊重。多様な進路に対応するリベラルアーツ型教育。

思考力、分析力、自己表現力が 問われる東邦型入試

 推薦、一般、高校帰国子女入試の3つを実施し、多様な生徒を受け入れる東邦。同校の入試は、選択型問題形式が特徴だ。広報部長の上野唯一教諭は〝考える力〟の重視を理由に挙げ、「考える力があれば、書く力は入学後、十分伸ばせる」と語る。選択問題は簡単と誤解されがちだが、自分の言葉で記述した方が容易なこともある。知識そのものを問うのではなく、提示された資料を分析し、それらと自分の知識を総合して答えを導き出す力が問われる。「入試は本校の最初の授業」と上野教諭が語るように、生徒の思考力、分析力、自己表現力を大切にする思いが入試問題にも込められる。
 同校を第一志望校として推薦入試で入学した2人の2年生に話を聞いた。生徒の自主性が重視され、勉強も部活動ものびのびと自由に取り組めるのが何よりの魅力と語る正藤さん。「何事も自分で考え行動するのが基本です。将来は医師をめざしていますが、医学部の先輩などの話を直接聞く機会もあり、6年間を通じた勉強の進め方や目標レベルなどの指針になります。自分のやりたいことをめざす、あるいは見つけるには最高の学校です」。同じく医師をめざす落合さんは、父の母校であり、兄姉が在籍する東邦一家。「先生方は、最後はちゃんと勉強に通じる話を面白い雑談のような形でかみ砕いて教えてくれます。勉強が楽しくなりました。もちろん成績が下がった時にも相談に乗ってもらえます。開放的な雰囲気で気負わず学校生活を過ごせる校風です」と同校の魅力を語った。

[ 東邦大学付属東邦中学校の過去の記事 ]
中学校推薦入試と高校帰国生入試を導入
多様性を重視する環境がさらに進化
  2017/05/10

東邦大学付属東邦中学校

郵便番号 〒275-8511
所在地 千葉県習志野市泉町2-1-37
TEL 047-472-8191
URL
http://www.tohojh.toho-u.ac.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1952年(高校) 1961年(中学)
併設校 東邦大学付属東邦高等学校、駒場東邦中学校・高等学校、東邦大学
生徒数 (1年)343名 (2年)321名 (3年)304名
クラス編成 37~41名
男女比 男58% 女42%
授業時間 8:40~15:10 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試 中学・高校共有
最寄駅名 津田沼 京成大久保
交通情報 津田沼駅(JR総武線)よりバス15分、京成大久保駅(京成本線)徒歩10分
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
東京、京都、東京工業、一橋、北海道、東北、名古屋、大阪、九州、東京医科歯科、東京外国語、筑波、千葉、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、国際基督教、東邦、自治医科、東京慈恵会医科、日本医科、北里、順天堂(医)、星薬科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。