トップページ > 学校一覧 > 三田国際学園中学校

学校紹介

三田国際学園中学校

共学校

更新日 : 2018.06.06

理科の実験授業では、ICTを活用しながら論理的思考力を培う

「制限を設けない勉強」が深く思考する学びへつながる
医学部を視野に入れた理系クラスも中学に新設

[ この記事のポイント ]

1. 新たに設置される「メディカルサイエンステクノロジークラス」。
2. 多様な価値観に触れ理解を深める「インターナショナルクラス」。
3. 基礎ゼミナールで探究心を引き出す「本科コース」。

ダイバーシティ環境で育つ 深い論理的思考力

 三田国際は、日本の学校で学んできた生徒のほかに、北米、アジア、アフリカ、東欧など世界中の国や地域からの帰国子女、国内のインターナショナルスクール出身者、そして18人の常駐外国人教員が集まる、まさに「ダイバーシティの学校」だ。多様な価値観を理解し、複雑な課題を解決する力を養うため、21世紀型の教育に力を入れており、その推進校としても知られている。
 同校が実践する21世紀型の教育とは、「徹底的に考えさせる」教育のこと。すべての教科で「疑問・仮説・検証・結論」といった4つのプロセスをじっくりたどる相互通行型の授業を行い、試行錯誤の過程で、考える力を身につけることをめざしている。まずは各授業のテーマを確認し、テーマに沿った共通知識を獲得。思考と議論に対する準備を整えたあとに教員が「トリガークエスチョン」と呼ばれる鋭い発問を行うと、生徒の知的好奇心に一気に火がつくのだ。その後はひとりで自分の考えを整理し、仮説を構築して、グループディスカッションへ。他者の意見を聞きながらあらゆる角度で仮説を検証し、結論を導き出していく。
「こうした授業を繰り返し行うことで、『深く思考する』ということが当たり前になっていくのです。21世紀型の教育で身についた思考力は、将来、未知の問題に直面したときに、おそれずに向き合い、乗り越えていく大きな支えになると確信しています」。こう話すのは、大橋清貫学園長。「入試では記述式問題の解答を重視して見ています。本校の入試そのものが思考力を問うものなのです」と語る。

[ 三田国際学園中学校の過去の記事 ]
生徒の知的好奇心を多方面から刺激し
グローバル社会に貢献できる力を培う
  2017/05/10

三田国際学園中学校

郵便番号 〒158-0097
所在地 東京都世田谷区用賀2-16-1
TEL 03-3700-2183
URL
http://www.mita-is.ed.jp ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 1902年
併設校 三田国際学園高等学校
生徒数 (1年)188名 (2年)293名
クラス編成 35〜40名
男女比 男50% 女50%
授業時間 8:25~16:15 (土)~12:35
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 用賀
交通情報 用賀駅(東急田園都市線)徒歩5分、成城学園前駅(小田急線)よりバス「用賀」下車徒歩3分、田園調布駅(東急東横線)よりバス「用賀神社前」下車徒歩2分
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
お茶の水女子、富山、早稲田、慶應義塾、上智、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]
[ 関連する特集記事 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。