トップページ > 学校一覧 > 桐朋女子中学校

学校紹介

桐朋女子中学校

女子校

更新日 : 2018.06.06

口頭試問では、対話によって潜在能力を発掘する

外資系トップも出た多彩な個性が集う学校
4つの入試とDLPが育む論理性と発信力

[ この記事のポイント ]

1. 個性に合わせて選べる4つの入試。
2. 日本語と英語の両方で、論理的に考え発信する力を養う。
3. 個性を高め合うリベラルな校風で外資系トップも輩出。

知識より考える姿勢を問う 特長ある4つの入試

 桐朋女子は「対話」を重んじる学校だ。50年前から続く口頭試問入試(A入試)がそれを象徴している。受験生は事前に課題に取り組んだ上で、個別の口頭試問に臨む。答えに詰まっても心配はいらない。教員が緊張をほぐす話題や課題のヒントを与えてくれるからだ。こうした対話のやり取りによって、生徒の持つ発想力や粘り強さを評価する狙いがある。
 伝統のA入試に加えて、昨年度より新たに論理的思考力&発想力入試(論発入試)が導入された。これはA入試の筆記版とも言うべきもので、言語分野と理数分野からなり、その大半が記述式問題。例えば昨年度の理数分野は「湿度」をテーマに、グラフの基礎問題から調湿機能に優れたお弁当箱〝曲げわっぱ〟に至るまで、一つのテーマを多角的に掘り下げ出題された。「A入試や論発入試に必要なのは知識よりも考える力です」と今野淳一副校長。A入試同様、問うているのは発想力と粘り強さ。それは即ち、桐朋女子の生活に必要不可欠な力でもあるからだ。従来の4科入試と帰国生入試も含め、同校には4つの入口がある。「ぜひ自分の得意な分野から突破して来てほしい」。その姿勢は、あらゆる個性を認め合い高め合う、桐朋女子のリベラルな校風そのものである。

桐朋女子中学校

郵便番号 〒182-8510
所在地 東京都調布市若葉町1-41-1
TEL 03-3300-2111
URL
http://www.toho.ac.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1941年
併設校 桐朋女子高等学校(普通科・音楽科)、桐朋小学校、桐朋幼稚園、桐朋学園芸術短期大学
生徒数 (1年)154名
クラス編成 29~38名
授業時間 8:50~15:00 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 仙川 成城学園前
交通情報 仙川駅(京王線)徒歩5分、成城学園前駅よりバス「仙川駅入口」下車徒歩1分、三鷹駅・吉祥寺駅よりバス「仙川」下車徒歩5分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、一橋、九州、筑波、東京外国語、東京藝術、東京学芸、東京農工、電気通信、横浜国立、千葉、山梨、山口、高知、佐賀(医)、帯広畜産、首都大学東京、防衛(理工)、国際教養、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、国際基督教、東京医科、北里(医)、東京女子医科(医)、順天堂(医)、埼玉医科(医)、東京慈恵会医科(医)など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。