トップページ > 学校一覧 > 東京家政大学附属女子中学校

学校紹介

東京家政大学附属女子中学校

女子校

更新日 : 2018.06.06

English Roomでのティーム・ティーチング

多文化共生社会で活躍する素地となる
感性、資質、能力を伸ばす教育

[ この記事のポイント ]

1. 「躍進i教育」が成果をあげ、英語力がレベルアップ。
2. ICTを活用したアクティブラーニングが充実。
3. ビオトープを介して進む大学や地域との連携。

「躍進i教育」で伸びる英語力 海外研修や特別講座で文化も学ぶ

 東京家政が進めてきた新教育プログラム「躍進i教育」は、それぞれが着実に実を結んでいる。なかでも「i」が表すものの一つ、インターカルチュラル・コミュニケーション、すなわち英語教育や異文化理解教育は、多くの成果をあげている。私立中学レシテーション大会では3年連続入賞、いたばし国際絵本翻訳大賞中学校部門で優秀賞受賞など、枚挙にいとまがない。
 同校は、中1から週6時間の英語の授業を、4技能をバランスよく身につけるための習熟度別授業、ネイティブ教員と日本人教員によるティーム・ティーチングを行う少人数授業、そして文法中心の全体授業と、目的に合わせて実施ている。昨年度からは、より高いレベルの英語を学べるE CLASSを設置し、英語検定やGTECを積極的に受験。高校ではTEAP受験対策も行っている。
 また、生徒に日頃から英語を使う機会をつくり、異文化への関心を深めるため、同校では意識的にカナダ、シンガポール、インド、ルーマニアなど、いろいろな国出身のALTを採用している。彼らが開講する、英語で何かを学ぶイマージョン特別講座も人気だ。例えばルーマニアの先生は伝統工芸のクラフトの授業、インドの先生はヨガ、シンガポールの先生は英語で中国語を教える授業を展開した。
 さらに、学んだ言葉を使い、異文化に触れるためには現地に行くことが重要と、昨年度から中学の修学旅行も海外にした。行き先のシンガポールは多文化共生国家であり、多様な文化的背景で生活する人々を知る機会があり、現地では、学生との交流プログラムも用意されている。
 高校ではオーストラリアへのファームステイを導入する。ほかにもカナダホームステイプログラムや英語を徹底的に学びたい生徒のニーズに応えたセブ島語学研修など希望制のプログラムも充実。全員参加の海外修学旅行を体験し、留学や海外大学への関心が高まる中、今年度から国際部を設置。生徒の夢をサポートする。

[ 東京家政大学附属女子中学校の過去の記事 ]
「競争ではなく共創」がコンセプト
英語の協同学習が育む確かな学力と想像力
  2017/05/10

東京家政大学附属女子中学校

郵便番号 〒173-8602
所在地 東京都板橋区加賀1-18-1
TEL 03-3961-0748
URL
http://www.tokyo-kasei.ed.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1881年
併設校 東京家政大学附属女子高等学校、東京家政大学、東京家政大学短期大学部
生徒数 (1年)68名
クラス編成 22~28名 
授業時間 8:40~15:10 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 十条 東十条 新板橋 王子
交通情報 十条駅(JR埼京線)徒歩5分、東十条駅(JR京浜東北線)徒歩13分、新板橋駅(都営地下鉄三田線)徒歩12分、王子駅(JR線)よりバス「区境」下車徒歩1分
大学合格実績
(過去3年間)
東京海洋、電気通信、埼玉、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、明治、青山学院、中央、法政、学習院、成蹊、成城、明治学院、武蔵、帝京(医・薬)、東京農業、星薬科、東京女子医科、東京家政、津田塾、東京女子、日本女子など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。