トップページ > 学校一覧 > 武蔵中学校

学校紹介

武蔵中学校

男子校

更新日 : 2018.06.06

声楽家でもある梶取弘昌校長

すべての子どもたちが体内に秘めた力
伝統のリベラル教育がその力を引き出す

[ この記事のポイント ]

1. 「総合講座」で自調自考を身につける。
2. 多くの校外体験学習が用意されている。
3. 第二外国語を必修選択科目に設定。

研究テーマをもった教員とともに〝学び〟を楽しむ武蔵の授業

 声楽の専門家であり、今でも演奏活動をしている梶取弘昌校長が大切にしている理論がある。アレクサンダー・テクニックだ。「演劇や声楽、リハビリ等にも応用されている技法です。考えの基本は、不必要な身体の緊張を取り除けば本来の力を発揮できるというもの。教育も同じだと考えています」と梶取校長。「学ぶことが楽しいと思う本能が人間にはある。邪魔をしなければ、その本来の力によって生徒は自ら成長します。教育とは、生徒の体と心、まるごと一つの『からだ』が育つための土壌づくりに他なりません」。だからこそ武蔵は、わくわくさせる授業づくりにこだわっている。
 武蔵の教員は一人ひとりが専門分野をもつ研究者でもある。それぞれが日々研鑽を重ね、心底面白いと思うものを授業で取り上げる。「自ら調べ自ら考える力」を理想に掲げる武蔵だが、教員もまた自調自考の体現者である。その代表例が「総合講座」だ。「やぎの研究」や「Harry Potterを読む」、「国境の島『対馬』」など、教員の得意分野を生かした個性的な講座が30以上展開されている。生徒は自ら選んだテーマについて、一年かけて総合的に学ぶ。
 また生徒からのリクエストによって実現する「特別授業」もある。過去には「宇宙人の話」、「エンジンをつくる」などが実施された。これらの授業は、一見無駄に見えるものの中に面白さを見つけられる生徒の感性があるからこそ成立する。効率主義の教育とは対極にあるとも言える。しかしそこには、生徒と教員が時に同志のように学び合い、高め合うことのできる本物の学びがある。

武蔵中学校

郵便番号 〒176-8535
所在地 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL 03-5984-3741
URL
http://www.musashi.ed.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 男子校
創立 1922年
併設校 武蔵高等学校
生徒数 (1年)160名
クラス編成 40名
授業時間 8:20〜15:00 (土)〜12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 江古田 新桜台 新江古田 中野 高円寺 目白
交通情報 江古田駅(西武池袋線)徒歩6分、新桜台駅(西武有楽町線)徒歩5分、新江古田駅(都営大江戸線)徒歩7分、中野駅(JR中央線)よりバス「江古田駅」下車徒歩6分、高円寺駅(JR中央線)よりバス「豊玉北」下車徒歩5分、目白駅(JR山手線)よりバス「武蔵大学前」下車
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、一橋、東京工業、東京医科歯科、北海道、東北、大阪、防衛医科、早稲田、慶應義塾、上智、国際基督教、日本医科、東京理科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。