トップページ > 学校一覧 > 芝浦工業大学附属中学校

学校紹介

芝浦工業大学附属中学校

男子校

更新日 : 2017.05.10

世界最大のロボコンWROは全国常連校

ロボットを動かすプログラミングに挑戦
ものづくりとの融合で進化する理工教育

[ この記事のポイント ]

本格的なプログラミングも学ぶ体験型の「ものづくり」教育。
豊洲新校舎への移転で設備が充実、授業内容もレベルアップ。
今年度から高校が共学に。芝浦工業大学との連携も進化。

最先端の「ものづくり」に必須の高度なプログラミングを学ぶ

 大学院で設計工学を学んだ技術・情報科の岩田亮教諭は、生徒らに常に、技術者の視点でモノを見て、考えるように説く。例えば中2のラジオ製作の授業では、技術者倫理の観点から「このクラスを株式会社とすると、この中で1個でも不良品が出たら、会社がつぶれてしまう。一つ一つの工程を丁寧に、慎重に、臆病に取り組みなさい」。パソコンも、情報モラル・セキュリティが理解できるようになるまでは触らせない。次にタイピング練習を徹底する「中1の目標は5分で300文字。キーボードを打てないとプログラミングはできませんから」と岩田教諭。
 ロケットやリニア、AIロボットなど、先端技術のものづくりにプログラミングは欠かせない。「社会に貢献する技術者の育成」をめざす芝浦工業大学附属中学高等学校が重視する教育の一つだ。
 岩田教諭が顧問を務める中1から高3まで130人余りが参加する電子技術研究部では、レゴマインドストームを使ったロボット製作に取り組むなかで、実践的にプログラミングを学んでいる。アクティブラーニングの一環として先輩が後輩の指導にあたる。国際的なロボットコンテストWROの全国大会に2014年から3年連続出場。昨年はプレゼン部門で全国3位という成果が出た。またワークショップで地域の小学生にものづくりの楽しさを伝えている。
 レゴをスタートとして技術者に必要な、新しいものをつくる創造力、自ら学ぶ意欲、失敗しても何度でも挑戦する粘り強さも身につく。鍵盤ハーモニカに自動演奏をさせるプログラミングに取り組んでいる高1のグループは、「リズムが複雑な曲は、プログラミングが難しいですが、やりがいがあります。文化祭に向けて、レパートリーを増やしたい」と意気込みを語ってくれた。

[ 芝浦工業大学附属中学校の説明会日程 ]
2017/11/22 2017/12/03 

※説明会日程は、2017年3月時点の情報となるため、最新の情報は各学校のオフィシャルサイトをご確認下さい。

芝浦工業大学附属中学校

郵便番号 〒135-8139
所在地 東京都江東区豊洲6-2-7
TEL 03-3520-8501
URL
http://www.ijh.shibaura-it.ac.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 男子校
創立 1922年
併設校 芝浦工業大学附属高等学校
授業時間 8:40~15:10 (土)~12:35
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 豊洲 新豊洲
交通情報 豊洲駅(東京メトロ有楽町線)徒歩7分、
新豊洲駅(ゆりかもめ)徒歩1分
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
芝浦工業、東京、東京工業、北海道、東北、名古屋、筑波、東京農工、電気通信、東京海洋、東京学芸、横浜国立、千葉、埼玉、信州、長岡技術科学、首都大学東京、横浜市立、都留文科、防衛、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。