トップページ > 学校一覧 > 東京農業大学第三高等学校附属中学校

学校紹介

東京農業大学第三高等学校附属中学校

共学校

更新日 : 2017.05.10

ワグネルポットでのダイズ栽培

「実学教育」の徹底を根幹として
自分自身で動き、学び取る力を磨く

[ この記事のポイント ]

観察記録のデータ分析・発表を通して学びの姿勢を磨く実学教育。
合宿や研修でコミュニケーション力と表現力をつける語学教育。
能動的に動き、自ら考えていくためのキャリア教育。

体験・分析・発表により 多様な力をつける「実学教育」

 東京農業大学第三高等学校附属中学校は、明治政府きっての国際人、榎本武揚により1891年に創立された東京農業大学を母体として、平成21年から中高一貫教育を開始した。立地は埼玉県のほぼ中央。比企丘陵の豊かな自然の中に建つ。
 教育理念の中心は「実学」である。生徒自ら体験し、疑問を持ち、調べるプロセスを通じて、さまざまな知識や知恵を脳に刻みこみ、生き抜くための学力と人間力をつけていくというものだ。
 特徴的な具体例は数多い。例えば理科教育では、中学1年は校舎屋上でダイズを栽培して、最終的には味噌に醸造する。単なる農作業体験ではない。1人ずつ、ワグネルポットを用いて施肥量や日照時間などを変えて成長の違いを分析し、結果は文化祭で発表。
 「これを通して分析力、判断力と共に、仲間とのコミュニケーション力や主体性、表現力などが醸成されていきます」と神山達人教頭は話す。
 中2では同様に稲作に取り組む。バケツと水田の違いや、異品種の成長の違いなども検討課題だ。さらに中3の北海道修学旅行では野菜の収穫や新巻鮭作り、野生動物の観察などの体験を通し、私たちが様々な命により支えられていることを学ぶ。
 「自ら考え、発見することが力になっていきます。高校に入ってからの積極性も違ってきますね」

[ 東京農業大学第三高等学校附属中学校の説明会日程 ]
2017/11/23 2017/12/09 

※説明会日程は、2017年3月時点の情報となるため、最新の情報は各学校のオフィシャルサイトをご確認下さい。

東京農業大学第三高等学校附属中学校

郵便番号 〒355-0005
所在地 埼玉県東松山市大字松山1400-1
TEL 0493-24-4611
URL
http://www.nodai-3-h.ed.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 2009年
併設校 東京農業大学第三高等学校
生徒数 (1年〜3年)182名
クラス編成 25~37名
男女比 男55% 女45%
授業時間 8:50~15:20 (土)~12:40
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 東松山 熊谷 鴻巣 吹上 上尾 本川越 行田市
交通情報 東松山駅(東武東上線)・熊谷駅(JR高崎線)・
鴻巣駅(JR高崎線)・吹上駅(JR高崎線)・
上尾駅(JR高崎線)・本川越(西武新宿線)・
行田市駅(秩父鉄道)よりスクールバス
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
東京、東北、東京農工、東京医科歯科、群馬(医)、奈良女子、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、東京理科、明治、青山学院、立教、中央、法政など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。