トップページ > 学校一覧 > 聖徳大学附属女子中学校

学校紹介

聖徳大学附属女子中学校

女子校

更新日 : 2017.05.10

地球の自転についてタブレットを使用して発表

科学コンクールと進学の実績から見える
理数スーパーアカデミアが切り開く未来

[ この記事のポイント ]

S選抜クラス「理数スーパーアカデミア」で理数教育が進化。
一人一台のタブレット。学び易さをかなえ、学習意欲も向上。
伝統の「礼法」の授業で心優しい女性を育成する。

S選抜クラスの 高水準の教育に注目

 近年、着実に難関大学現役合格実績を伸ばしている聖徳大学附属女子。特に理系学部への進学率は上昇傾向にある。それを裏付けるかのように、中学時から理数センスを発揮して活躍する生徒がいる。千葉大学先進科学センター主催の数理科学コンクールでは、参加者のほとんどが高校生や高等専門学校生という中で、同校の中学生が毎年のように入賞を果たしている。このコンクールで出題される課題は、6時間ほどかけてペアで解くような難問という。同校の日頃の理数教育の水準の高さがうかがえるだろう。加えて、この春、東大理Ⅰ・Ⅱ類クラスの難易度とも言われている筑波大学医学群や、お茶の水女子大学理学部などの難関大学への合格者を輩出した。
 こうした同校の理数系教育の水準をさらに引き上げているのが、2013年度に、最難関大学への現役合格をめざす生徒を対象に新設されたS選抜クラスの存在だ。例えば、数学は教科書として中高一貫用の「体系数学」を採用。基礎から体系的に学ぶことで苦手意識をなくし、数学的センスに磨きをかける。また、理科は中学1、2年で「物理」「化学」「生物」「地学」の4分野をバランス良く学んで深い知識と洞察力を育み、理系女子としての基礎をつくる。
 そしてS選抜クラスが誇る実験重視型授業「理数スーパーアカデミア」で、年に一度、理科実験の集大成として全員が研究発表を行うほか、理系英語を学ぶために、『Nature』『Science』といった科学雑誌の素読会なども実施する。ハイレベルな学習内容に生徒の意識は高まり、学力が飛躍的に向上するのだ。

[ 聖徳大学附属女子中学校の説明会日程 ]
2017/08/26 2017/09/24 2017/09/28 2017/10/08 2017/10/21 2017/11/12 2017/11/26 2017/12/16 2018/01/07 

※説明会日程は、2017年3月時点の情報となるため、最新の情報は各学校のオフィシャルサイトをご確認下さい。

聖徳大学附属女子中学校

郵便番号 〒270-2223
所在地 千葉県松戸市秋山600
TEL 047-392-8111
URL
http://www.seitoku.jp/highschool/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1983年
併設校 聖徳大学附属女子高等学校、聖徳大学、聖徳大学短期大学部
生徒数 (1年)43名
クラス編成 12〜30名
授業時間 8:40〜15:10 (土)〜12:30
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 秋山 北国分 松戸 市川
交通情報 秋山駅・北国分駅(北総線)徒歩10分
松戸駅(JR常磐線、新京成線)よりバス「聖徳学園」下車、
市川駅(JR総武線)よりバス「聖徳学園」下車
大学合格実績
(過去3年間)
東京医科歯科、東京外国語、東京藝術、お茶の水女子、筑波(医)、千葉、信州、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、立命館、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政、聖マリアンナ医科、東京女子医科、津田塾、東京女子、日本女子など
検索非表示
制服(中等部)
制服(高等部)
大学付属(系列含む)
スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 非認定
スーパーグローバルハイスクール(SGH) 非認定
模擬国連(各種)参加
入学後の外部英語試験の実施(TOEFL、GTEC、英検など)
入学後の帰国生へのサポート体制
海外大学進学実績(過去3年間)
英語入試
ユニーク入試(適性検査型入試、など)
編入制度
海外留学制度
留学期間:1〜2週間
留学期間:3週間〜3ヶ月間
留学期間:4ヶ月間〜11ヶ月間
留学期間:1年間以上
国内修学旅行
海外修学旅行・研修旅行
電子教材(ICT)導入
自習室
カウンセリング専用ルーム
プール

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。