トップページ > 学校一覧 > 学習院女子中等科

学校紹介

学習院女子中等科

女子校

更新日 : 2020.05.28

顕微鏡を用いた観察

実験結果を受け止め考える理科的思考法 様々な人との対話でも力を発揮する

[ この記事のポイント ]

1.学校生活にある身近な自然に触れ、理科への興味を引き出す。
2.広い知識が求められる地学。他分野での学習内容の活用を意識。
3.理科教育で培った真理を求める探究心は卒業レポートで開花。

キャンパス全体が教室
実体験が学習意欲を伸ばす

「本物に触れる」「過程を重視する」「表現力を身につける」の3つを教育の柱として据える学習院女子。このことは、同校の理科教育にも表れている。例えば、中1で学ぶ生物。中学理科の導入として、自分たちの身の回りにある植物に触れることから始まり、スケッチをして部位や形を理解する、解剖をして構造を調べる、さらには一人一台顕微鏡を使用して組織を見るといったように、実体験を積みながら知識と観察眼を育む。
こうした学びを支えるものが、同校の恵まれた教育環境だ。校地は緑にあふれ、四季折々の自然を間近にできることから、授業では屋外での観察の機会も多い。さらに、校内の設備も充実。物理、化学、生物、地学の分野ごとに実験室と階段教室が完備され、中学では多くの時間を実験室で過ごす。
「理科では、事実に基づいて考えることが欠かせません。実験結果が仮説と異なっても、失敗だと決めつけてはならない。仮説にとらわれずに事実と結果から自分なりに考察を広げていくことの方が大切」と化学を担当する栗原ゆきの教諭は語る。観察も、実験でも、「見ただけ、やっただけ」で終わらせないために、事後の振り返りを重視。ゆくゆくは自分でレポートを作成できるようになるために、そのベース作りとして、中学段階ではノートの取り方から丁寧に指導するとともに、実験の手順やポイントなどをまとめた記入式のワークシートを配布。結論を導くまでの思考過程を辿りながら、レポートの書き方も感覚的に身につけることができる。

学習院女子中等科

郵便番号 〒162-8656
所在地 東京都新宿区戸山3-20-1
TEL 03-3203-1901
URL
https://www.gakushuin.ac.jp/girl/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1885年
併設校 学習院女子高等科、学習院大学、学習院女子大学
生徒数 (1年)207名
クラス編成 42名
授業時間 8:25~15:00 (土)〜12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 西早稲田 早稲田 高田馬場
交通情報 西早稲田駅(東京メトロ)徒歩3分、早稲田駅(東京メトロ)徒歩10分、高田馬場駅(JR、西武線)徒歩20分、池袋駅・高田馬場駅よりバス「学習院女子大前」下車、渋谷駅・新宿駅よりバス「早大理工前」下車
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、一橋、東京工業、北海道、九州、神戸、東京学芸、東京藝術、お茶の水女子、東京外国語、筑波、千葉(医)、信州(医)、浜松医科、横浜市立、国際教養、学習院、慶應義塾(薬ほか)、早稲田、上智、国際基督教、東京理科、東京慈恵会医科、日本医科、東京医科、東邦(医)、順天堂(医)、北里(医)、昭和(医)、東京女子医科、杏林(医)、日本(医)、埼玉医科、岩手医科、聖マリアンナ医科、国際医療福祉(医)、トロント、デポー、マサチューセッツなど

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。