トップページ > 学校一覧 > 学習院女子中等科

学校紹介

学習院女子中等科

女子校

更新日 : 2017.05.10

数学の授業の様子

6年間の数学教育が育む思考力と表現力
部活・大学・社会でも真価を発揮する

[ この記事のポイント ]

数学を6年間、ゆったりしたカリキュラムでじっくり学ぶ。
数学で身についた論理的思考力や表現力は社会で役に立つ。
すべての教科で双方向型の授業を重視し、真の学力を育成。

経済学部の教授も賞賛する 学習院女子の高度な数学力

 学習院女子の数学のレベルは高い。例えば経済学部では数学が不可欠なのに多くの学生が苦手なため、大学入学後に補講せざるを得ないという。「学習院大学の教授は、本校出身者については、その必要がないとお誉めの言葉をいただいています」と数学科の飛田健次教諭は語る。
 同校では文系、理系とも6年間数学が必修。授業は先取りをあせらず、ゆったりとしたカリキュラムで理解を積み重ねていく。中1は最も重要な「下地」づくりの期間。40人のクラスを半分に分割し、計算スキルの修得と、計算をもとにした論理展開を、少人数でしっかり教える。幾何の範囲では、コンパスで図形を描かせたり、立方体を作らせたりといった作業も多く取り入れながら、平面図形と空間図形に一年かける。「生徒は和気あいあいと、お互いに助け合い、教え合いながら模型の製作に取り組んでいます」と飛田教諭は話す。
 同校は高2から文系、理系のコースを設定している。外部の大学への進学は卒業生の約35%。うち14%が医学部に進む。数学科では、高2で初めて医学部受験に目が向いても対応できる基礎学力を、高1終了時までに全員に身につけさせることを目標に置く。生徒が理解できないのは、理解が甘いということ。分かるところまで戻って理解できるまでじっくりと教えるから、行き詰まる生徒は少ない。逆に理解が早い生徒には、次のステップへの種をまく。例えば同じ問題でも、数字などの条件を変えてみたらどうなるだろうと生徒に投げかける。すると、生徒は自ら考え、勉強するようになるという。

[ 学習院女子中等科の説明会日程 ]
2017/10/07 2017/10/28 2017/10/29 2017/11/18 

※説明会日程は、2017年3月時点の情報となるため、最新の情報は各学校のオフィシャルサイトをご確認下さい。

学習院女子中等科

郵便番号 〒162-8656
所在地 東京都新宿区戸山3-20-1
TEL 03-3203-1901
URL
http://www.gakushuin.ac.jp/girl/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1885年
併設校 学習院女子高等科、学習院大学、学習院女子大学
生徒数 (1年)204名
クラス編成 42名
授業時間 8:25~15:00 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 西早稲田 早稲田 高田馬場
交通情報 西早稲田駅(東京メトロ)徒歩3分、
早稲田駅(東京メトロ)徒歩10分、
高田馬場駅(JR、西武線)徒歩20分、
池袋駅・高田馬場駅よりバス「学習院女子大前」下車、
渋谷駅・新宿駅よりバス「早大理工前」下車
大学合格実績
(過去3年間)
東京、一橋、東京工業、東京学芸、東京藝術、お茶の水女子、東京外国語、筑波、千葉、横浜市立、国際教養、学習院、慶應義塾(薬ほか)、早稲田、上智、国際基督教、東京医科、東邦(医)、順天堂(医)、北里(医)、昭和(医)、東京女子医科、星薬科、日本歯科、東京理科、ミシガンなど
検索非表示
制服(中等部)
制服(高等部)
大学付属(系列含む)
スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 非認定
スーパーグローバルハイスクール(SGH) 非認定
模擬国連(各種)参加
入学後の外部英語試験の実施(TOEFL、GTEC、英検など)
入学後の帰国生へのサポート体制
海外大学進学実績(過去3年間)
英語入試
ユニーク入試(適性検査型入試、など)
編入制度
海外留学制度
留学期間:1〜2週間
留学期間:3週間〜3ヶ月間
留学期間:4ヶ月間〜11ヶ月間
留学期間:1年間以上
国内修学旅行
海外修学旅行・研修旅行
電子教材(ICT)導入
自習室
カウンセリング専用ルーム
プール

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。