トップページ > 学校一覧 > 鷗友学園女子中学校

学校紹介

鷗友学園女子中学校

女子校

更新日 : 2020.05.28

生徒の互選で選ばれたクラス代表が行う現代社会の学年発表会

政治や国際摩擦のニュースは別次元 議論を戦わせることで相手を理解する

[ この記事のポイント ]

1.自らの興味を社会に則して探究する「現代社会」のレポート。
2.国際シンポジウムへ参加し「論理に基づく議論」を体験する。
3.「3日に一度の席替え」で多様な価値観を認め合う。

活発な質疑応答が繰り広げられる現代社会のレポート発表

教壇には一人の生徒が立ち、パワーポイントを用いて研究発表を行っている。テーマは『広がる子どもの貧困』。中3現代社会の授業だ。綿密な事前学習とフィールドワークを経て、現状に浮かび上がる問題点と改善策を説いた。次々と質問が飛び交い、中には「相対的な貧困がなくなることはあるか?」など鋭い質問も生まれる。社会科の福井守明教諭は、質疑応答における意識づくりを大事にしていると言う。「生徒たちには質問されて分からないことは『分からない』とはっきり言おうと伝えています。その時こそ深い学びを得るチャンス。事後学習につなげることが大切です」。(以下発言は全て福井教諭)
主体的な探究という観点から、鷗友ではこの取り組みを中学3年間の集大成として位置づけ。そのプロセスは、時事問題に基づき自らテーマを設定することから始まる。事前学習、現地調査を経て、結論を見出し、レポートにまとめてクラスで発表。その後、代表による学年発表会を開き、幕を閉じる。中3生にとって集大成だが、この経験が進路選択のきっかけにもなる。「進路指導で大切にしているのは〝何を学び続けたいか?〟という点。このレポートを機に探究テーマを見つけ、進学先を選ぶこともあります」。発表されるテーマは、AIや廃プラ問題、アイドルグループなど様々だ。「一番大事なのは良い問いを立てること。自分が調べて少しでもワクワクするものが良い」。この時、自らの興味をいかに現代社会に即したテーマへ変換するかが重要だ。アイドルグループであれば、経済効果やコンサートの規模、安全性についてなど様々な観点を探ることができ、これが問題発見能力の育成につながる。

鷗友学園女子中学校

郵便番号 〒156-8551
所在地 東京都世田谷区宮坂1-5-30
TEL 03-3420-0136
URL
https://www.ohyu.jp ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1935年
併設校 鷗友学園女子高等学校
生徒数 (1年)238名
クラス編成 30~31名
授業時間 8:30~15:20 (土)~12:40 (11~3月)8:30~14:50 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試 ※海外での生活状況に応じて加点あり。少しでも海外生活を経験された人は、帰国子女担当者にご連絡下さい。
最寄駅名 経堂 宮の坂
交通情報 経堂駅(小田急線)徒歩8分、宮の坂駅(東急世田谷線)徒歩4分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都、一橋、東京工業、北海道、東北、大阪、神戸、九州、東京藝術、東京外国語、東京学芸、東京海洋、電気通信、東京医科歯科、筑波、横浜国立、お茶の水女子、国際教養、札幌医科、浜松医科、防衛医科、早稲田、慶應義塾、東京理科、上智、国際基督教、順天堂、東京医科、日本医科、東京慈恵会医科、東京女子医科など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。