トップページ > 学校一覧 > 普連土学園中学校

学校紹介

普連土学園中学校

女子校

更新日 : 2017.10.04

中3は代数・幾何ともに2分割クラス編成で実施

①数学で大切なことは、イメージする力。
苦手意識を抱きやすい文章題もクリア

[ この記事のポイント ]

②算数の入試の採点時には途中式もチェック。配点の対象に。
③数学を系統立てて学べる『システム数学』を教科書に採用。
ティーム・ティーチングと2分割クラス編成で丁寧な指導。

問われている意味を把握し、地道に計算を積み重ねる力を

 普連土学園の算数の入試では、毎年、小学校時代に身につけた基礎基本とそれらの活用力を測る問題が出題されている。左記にあげた問題は、一見するとベーシックな速さを求める問題に感じられるが、コツコツと計算を積み上げる力はもちろんのこと、問われている意味をきちんと把握できていなければ正解にはなかなかたどり着けない。数学科主任の片山聡一郎教諭は「この問題の特徴は、A、B、Cの3人が登場していること。これが2人ならば『この数字とこの数字を組み合わせればいい』といったように、公式に当てはめ易いですし、塾などでトレーニングを積んでいます。しかし、3人になると途端に解けなくなる。つまり、応用力とイメージ力が足りていないのです。長文の問題文を咀嚼しきれていないことも一因です」と語る。
 例えば、(2)の問い。あらかじめ〈AさんがゴールしたときBさんは10m後ろにいた〉ことが示されていることから、問題文を「Bが10m進むのに何秒かかるか」と置きかえてみれば一気に考え易くなる。(1)で正しい答えを出せればスムーズに解答できるのだ。
 「正解率が低かった問いです。1行の問題文すら理解できていないということ。国語力や語彙力とも関連性はありますが、問題文にある情報を組み合わせて具体的にイメージできれば解けるはず」と、数学科の中澤研一教諭。続けて、次のように語る。「イメージし易くするには、図を書いてみることも大切。自分が問題文の登場人物になりきってシチュエーションを思い浮かべるだけでも効果はある。実際、(2)の問題でコンマ何秒という解答が見受けられましたが、イメージできれば数字が現実的でないことに気づく。答えを見直すときにも役立ちます」。

[ 普連土学園中学校の説明会日程 ]
2017/10/21 2017/10/27 2017/11/08 2017/11/11 2017/11/17 2017/12/09 2017/12/16 2018/01/13 2018/02/17 

※説明会日程は、2017年3月時点の情報となるため、最新の情報は各学校のオフィシャルサイトをご確認下さい。

普連土学園中学校

郵便番号 〒108-0073 
所在地 東京都港区三田4-14-16
TEL 03-3451-4616
URL
http://www.friends.ac.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 女子校
創立 1887年
併設校 普連土学園高等学校
生徒数 (1年)135名
クラス編成 40〜45名
授業時間 8:40〜15:35(週5日制)
海外交流校
帰国生特別入試
最寄駅名 田町 三田 白金高輪
交通情報 田町駅(JR山手線・京浜東北線)徒歩8分、
三田駅(都営浅草線・三田線)徒歩7分、
白金高輪駅(東京メトロ南北線)徒歩10分
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
東京、京都、大阪、東北(医)、北海道、一橋、筑波、東京外国語、お茶の水女子、東京医科歯科、東京農工、東京海洋、東京学芸、電気通信、千葉、旭川医科、防衛医科、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、上智、国際基督教など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。