トップページ > 学校一覧 > 滝川第二中学校

学校紹介

滝川第二中学校

共学校

更新日 : 2017.08.20

神戸市・西神ニュータウンに位置する広大なキャンパス

年々、受験者数が増加する人気校
おおらかな校風の中で“個”を伸ばす

[ この記事のポイント ]

昨年度、コース制をリニューアルし、2年連続で受験者数が過去最高を記録。専願者が大幅に増え、年々偏差値レベルも高まってきている。2004年開校時のキャッチフレーズ「楽しくなければ学校じゃない」「学校は感動だ」をそのままに、様々な個性が集う多様性に富んだ人気の共学校だ。

学習面、生活面から丁寧に指導 グローバル人材を育成する

 超難関国立大学や医学部医学科への現役合格を目指すコース「プログレッシブ特進一貫(プログレ)」は、1日7時間授業、毎日20分の英語帯学習、全員参加の90分講習等、数理探求型+グローバル教育を軸としたプログラムで構成。もう一つのコース「特進一貫(特一)」は、週37時間授業で高度な英語・数学の力を付け、難関国立大や難関私立大を目指す。
 「中1からの積み重ねが、6年後に大きな差として現れます」と言うのは、中高一貫コース担当の金子教諭。「学習面も生活面も、きめ細やかに教え徹底させる。それがベースとなり、高校生では自ら勉強して力を伸ばせるようになります」との指導方針に基づき、まずは学習習慣の早期定着を図っていく。
 2つのコースともに、グローバル人材を育成する体験型学習が充実。中学での主な取り組みの一つとして、3年生の「世界の研修(ニュージーランド)」が挙げられる。事前学習を通して訪問国の文化を調べ、ホームステイ先で、異文化の中に身を置き生活する流れを構築。現地の学校では、同世代の生徒たちと交流し、国際理解をさらに深めていく。高校では、修学旅行として2年生でロサンゼルス・サンフランシスコを訪問。スタンフォード大学やシリコンバレーのベンチャー企業、グーグル社にも足を伸ばし、現地で活躍する日本人からアメリカの最先端IT企業の合理的なものづくりや働き方について話を聞く。「大学入学が目標ではなく、その先を見つめた異文化学習と進路探求を深めていく、滝二ならではのプログラムです」。

滝川第二中学校

郵便番号 〒651-2276
所在地 兵庫県神戸市西区春日台6-23
TEL 078-961-2381
URL
http://www.takigawa2.ed.jp/ ※学校の最新情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。
学校基本情報
学校属性 共学校
創立 2004年
併設校 滝川第二高等学校
生徒数 332(1年115/2年113/3年104)人
クラス編成 プログレコース30人、特一75人
男女比 男35% 女65%
授業時間 8:25~16:15 ※土曜~12:35
帰国生特別入試
最寄駅名 西明石 明石 西神中央
交通情報 西明石駅(JR神戸線)・明石駅(JR神戸線・
山陽電鉄)直通バス25分、神戸市営バス
「西神中央」より10分「西体育館」下車徒歩5分
大学合格実績
(過去3年間)
※関西の私立中学校は(最新年度)となっております。
京都、北海道、筑波、神戸、岐阜(医)、山梨(医)、岡山、広島、山口、徳島、帯広畜産、名古屋工業、大阪教育、兵庫教育、兵庫県立、奈良女子、神戸市看護、神戸市外国語、関西、関西学院、同志社、立命館、早稲田、明治、青山学院、中央、東京薬科、兵庫医科(医) など

※学校データはこちらをクリック

ボタン

[ よく一緒に見られている学校 ]
BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。