特色ある教育

「好き」や「得意」を伸ばすと
大きく変わる校風と女子生徒たち
【女子校】山脇学園中学校

更新日 : 2019/09/05

卒業式の様子

1903年の建学以来、「女性の本質を磨き、いつの時代にも適応できる教養高き女性の育成」を教育理念に掲げる山脇学園。創設当時の高邁な精神、考えをさらに一歩進めて「社会で生き生きと活躍する女性のリーダーの育成」を教育目標とするなど、常に時代や社会情勢を踏まえた女性の育成に尽力し続けている。

“好き”や“得意”を伸ばす 3つのアイランド

 「自分を映す鏡は異性ではない、と自然に感じられる女子校という環境は大きな魅力」と語る西川史子・中学教務部長。女子も中学から高校になると異性からこう見られたいという感情が芽生える。これにより自分がやりたいことと、異性から見られたい自分像との間で葛藤する生徒も多い。しかし、それらを意識することなく伸び伸びと成長できるのが女子校の良さでもある。生徒一人一人が自分の“好き”や“得意”を大切にしながら自由に学び、進路を選択できるのだ。また、一般的に理系進学の女子では、医・歯・薬学部など資格系が人気だが、同校の進学先は多様だ。これは同校が生徒の“好き”や“得意”を積極的に尊重し、育む環境を整えているからに他ならない。例えば、ひと昔前であれば男子しか興味を示さなかった分野でも、優れた点がある生徒に対しての尊敬や賞賛を教員のみならず生徒たちは素直に表現し合う。さらに「周囲からの共感や賞賛で自己肯定感や自信をつけ、実力を開花させる生徒も多い」と西川部長。中1の頃から“石”に興味を持ったある卒業生は地質研究の道に進み大学で研究者をめざすという。

 このような生徒の〝好き〟や〝得意〟を伸ばす拠点となるのが、同校の3つのアイランドだ。リベラルアーツアイランド(LI)は課題を発見し考察する力・情報を収集し分析する力・発想力・協働力・表現力など、社会で活躍するために求められる力を育む。サイエンスアイランド(SI)は科学を通して社会に貢献する女性の育成を目標に、科学への志と技術を身につけるためのプロジェクト型学習(PBL)が行われる。原則オールイングリッシュで行われるイングリッシュアイランド(EI)では英語をツールとして活動することを通し「英語運用能力を高める」教育を行うほか、海外研修、海外進学や外部英語資格試験のサポートなど国際教育の拠点としての役割も果たす。これらの3つのアイランドを用いて、これからの時代に求められる、創造的な学力、コミュニケーション力、課題発見力や解決のための思考力を培っている。

 そのほか米国の名門女子大学スミスカレッジや西海岸の名門公立校カリフォルニア大学から女子学生を同校に招き、英語を使ったPBLを行うエンパワーメントプログラムも同校ならではの取り組みだ。中3から高2までを対象としたこのプログラムを通して、自分の未来を切り拓く勇気や、女性の力で世界を変えようというグローバルリーダーとしての志を立てていく。

[ よく一緒に見られている学校 ]

SPECIAL CONTENTS

BOOKS中学受験関連書籍

中学受験関連人気書籍一覧

受験全般から、勉強法、体験記など
目的別、著者別に人気書籍を集めました。